過払い金請求・任意整理のご相談

40代から70代の方へ、良いお知らせ。

大手消費者金融で、過払い金が出る場合

 大手消費者金融は、平成19年ごろから、新規のお客さんには金利を法定金利(利息制限法の上限利率のこと)以下に引き下げました。
 そのため、それ以降にお客さんになった方は、残念ながら、借金は安くならず、過払金も出ません。
 しかし、平成18年以前から借り入れているお客さんは、法定金利を超える金利で借りている方が大部分であり、しかも、そうした既存のお客さんが引き続き取引を続ける場合は、大手消費者金融はお客さんの資力に応じてですが、平成19年以降も法定金利を超える金利で間貸し続けたのです。 そのため、過払い金が出る確率が高くなったのです。

このような方は是非ご相談ください。
過払い金が相当額発生している可能性があります。

  • (1) 平成18年以前に5年以上取引を続けて、その後、完済したが、完済してからまだ10年たたない方
  • (2) 15年以上取引を続けてきて、まだ、約定残金が残っている方
     ((1)の方より、過払い金が多くなるのが通常です)

40代から70代の方へ-勇気を!-

 納得して借りたことだし、貸してもらって助かったのは事実だし、もう終わったことだし、あの当時のことを思い出すと気分が悪くなるし、家族にナイショでやったことなので、ばれたら大ごとだとお考えのあなたへ。
 家族にばれた人などいません(過払い金を手にしてから、自分から家族に話した方は、もちろんいます)、
 だいたい、過払い金の請求とは、法定利息(10万円から100万円までは、年18%と当時の定期預金の利息と比べるとべらぼうに高いのです)は、業者にしっかりと取っていただいたうえで、法律(利息制限法)違反の高利の部分だけを返してもらおうとすることですから、実に謙虚な請求なのです。

勇気を!ダメモトで今すぐお電話を!

ひまわり法律事務所の相談料と着手金 完全無料!

  • 1回30分程度、弁護士が直接お聞きします(30分程度、法律相談カードに必要事項をご記入いただいた後、引き続いて)。
  • 年中無休 弁護士面談(正月3が日-1/1~1/3-を除く)
    ・土、日、祝 朝9時から午後5時まで
    ・平日 朝9時から午後6時まで
    ・平日夜間相談(月、水、金) 午後5時から午後8時まで
ご相談までの流れ 弁護士費用について 弁護士紹介
オンライン予約